読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりみち。遊び。

読んだ本、観たアニメや映画。遊んだゲームや同人誌、気になったことなどについて

ここがリフレの総本山か…にゃんにゃんの実、改め「パーフェクトウーマン」に行ってみた

夜の話 戯言

知る人ぞ知るJR大久保駅から徒歩10秒の場所にあるJKリフレ界の総本山とも名高いあの場所へ行ってきました。

 

大久保駅の北口改札を出てすぐ左に行くとそのお店はあります。

にゃんにゃんの実、改めパーフェクトウーマン

 

狭い階段を登り3階へ行くと扉に張り紙だけされています。

扉は閉められているため、こういうお店や雰囲気に慣れていない人は扉を開けるのを躊躇してしまうでしょう。(かくいう私も緊張しました)

 

意を決して扉をあけると小さな小窓の受付が…

店内はいくつもの小部屋が無理やり作られているためとても狭いです。

 

狭い店内ですがかなり大きめにBGMがかかっているためちょっとやそっとの物音じゃ気づかないのも無理はないですね…

 

受付の男性にフリーであることを伝え、いざ個室へ。

無理やり作られた個室にはドアはなく布がドア代わり。

人が一人寝れるくらいしかないスペースには薄い布団と枕が敷かれていました。

 

上着を脱いで待っていると女の子が布をくぐってやってきました。

正直、下手なそういうお店よりもレベルの高い女の子が来てびっくりしました。

 

肩くらいまでの黒髪、話し方もしっかりしていて清楚系な雰囲気を漂わせる彼女は外ですれ違ってもこの手のお店で働いているとは絶対に思わないタイプの子でした。

 

女の子と話をするとネットでの噂通り、本番が女の子達の主な収入源のようだ。

また、お店に来るお客さんはほぼ9割それが目当てらしい。

 

お世辞にも良く出来ているとは言えない雑な作りの個室、カーテン扉の店内で行われる行為はその手のシチュエーションが好きな人にはたまらないんだろうなと思わせられる。

 

「お兄さんもどう?」と手で3を作り可愛くおねだりをする彼女

控えめに言っても可愛いその子はソープで同じ金額を出してもなかなかお目にかかれないレベルの子だと素直に思った。

もちろん、ソープとはプレイ出来る時間には雲泥の差はあるものの「高い」という気持ちは出てこなかった。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

パーフェクトウーマンでは女の子たちの間で相場が決められているようなので値下げ交渉をしようと考えても正直難しいと思われる。

逆に彼女達は自分たちの価値を作りそれを守っているという部分で言えばきちんとした「商売人」の姿をしていると思われる。

そして、今では新宿、渋谷、池袋、秋葉原など様々な場所にこういったお店があるため女の子たちの出入りも激しいようだ。

気に入った子が出来ても次行く時に彼女がそのお店にいるとは限らない…